募集

現在の公募実施状況

令和3年度公募においては、産学共同(本格型)・企業主体にて、with/postコロナにおける社会変革への寄与が期待される研究開発課題等を募集しています。
※企業主体(返済型)はwith/postコロナ以外も対象

支援メニュー名 公募の状況 募集期間 備考
令和3年度公募 産学共同
(本格型)
with/postコロナにおける社会変革への寄与が期待される研究開発課題への支援
終了しました
募集概要
2021年3月31日(水)

2021年5月18日(火)正午
企業主体
(マッチングファンド型)
with/postコロナにおける社会変革への寄与が期待される研究開発課題への支援
終了しました
募集概要
2021年3月31日(水)

2021年6月15日(火)正午
企業主体
(返済型)
応募受付中
募集概要
通年募集
次の3回の締切を設定
●2021年7月30日(金)正午
●2021年11月30日(火)正午
●2022年3月31日(木)正午
このページの先頭へ

公募説明資料・説明会動画

支援メニュー名 公募説明資料 説明会
動画
産学共同(本格型)
with/postコロナにおける社会変革への
寄与が期待される研究開発課題への支援
研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)令和3年度公募
産学共同(本格型):with/postコロナにおける社会変革への
寄与が期待される研究開発課題への支援
説明会動画:産学共同(本格型)
企業主体(返済型)
研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)企業主体 説明会動画:企業主体
※:説明会動画はYoutubeのJSTチャンネルにてアーカイブ公開の予定です。
このページの先頭へ

令和3年度公募における各支援メニューの概要

支援
メニュー
令和3年度公募
産学共同
(本格型)
with/postコロナにおける社会変革への寄与が期待される研究開発課題への支援
企業主体
(マッチングファンド型)
with/postコロナにおける社会変革への寄与が期待される研究開発課題への支援
企業主体
(返済型)
目的・狙い 大学等の技術シーズの可能性検証、実用性検証を産学共同で行い、実用化に向けて中核技術の構築を目指す。 大学等の研究成果・技術シーズに基づく企業主体による実用化開発を行う。
課題提案者 企業と大学等の研究者 企業※1
対象分野 特定の分野を指定せずに幅広く募集。
ただし医療分野は対象外。
研究開発
期間
最長5年度 最長6年度 原則、最長6年度
研究開発費※2
上限1億円(年額)※3
初年度は上限5,000万円
上限5億円(総額) 原則、上限10億円(総額)
資金の種類 マッチングファンド マッチングファンド
実施料納付
開発成功時、要返済
開発不成功時、90%免除
実施料納付
※1:企業主体マッチングファンド型は、資本金10億円以下の民間企業が対象です。
※2:研究開発費は間接経費を含みます。
※3:令和3年度公募では、より多くの研究提案に機会を与えたいという観点から、年間の研究開発費(JST支出分)について3,000万円(初年度1,500万円)を目安とし、総額(JST支出分)で2,000万円から1億円程度の研究提案を期待します。
このページの先頭へ

独立行政法人 科学技術振興機構
ウノヤレネヒマ゚AVボツテ箙ムク゚ウアヒョ