中間報告シンポジウム  ~共生インタラクション研究が創る新しい未來社會デザイン~

中間報告シンポジウム  ~共生インタラクション研究が創る新しい未來社會デザイン~

開催趣旨

 JST戦略的創造研究推進事業CREST「人間と情報環境の共生インタラクション基盤技術の創出と展開(共生インタラクション)」研究領域は、ネットワークにつながれた環境全體とのインタラクションの高度化という戦略目標のもと、2017年に5件、2018年に6件、2019年に5件、合計16件の研究課題を採択いたしました。

 このたび、研究開始から4年目を迎えた2017年度採択の5件の研究課題について、その成果の中間報告シンポジウムを開催することといたしました。研究代表者(五十嵐 健夫、神田 崇行、小池 英樹、津田 一郎、中澤 篤志)からの研究成果の報告に加えて、関連する分野の研究者にもゲストとしてご登壇いただき、対談形式で今後の展望や新たな視點について議論を深めたいと思います。ウェビナー形式で開催しますので、研究者や大學院生等ご専門の方々はもちろん、本分野にご興味のある方々に多數ご參加いただいて、ご意見を頂きたいと思います。皆様のご參加をお待ちしています。

開催概要

日 時
2021年8月30日(月) 13:20-18:30
開催方法
オンライン(zoomウェビナー)
參加費

無料、事前登録が必要です。

お申し込みはこちら

お問い合わせ先
國立研究開発法人 科學技術振興機構 戦略研究推進部 ICTグループ
e-mail
crest-interaction[at]jst.go.jp
※ [at]を@に置き換えてください。

プログラム

開會挨拶/研究領域紹介

13:20

研究総括 間瀬 健二 名古屋大學 大學院 情報學研究科 教授

基調講演

13:30

「アバターと未來社會」

石黒 浩

 大阪大學 大學院 基礎工學研究科 教授(栄譽教授)
 株式會社國際電気通信基礎技術研究所石黒浩特別研究所 客員所長

対談

14:10

「機械學習システムにおけるヒューマンファクタ」

研究代表者
五十嵐 健夫

×

ゲスト
丸山 宏

五十嵐 健夫 寫真五十嵐 健夫

×

丸山 宏 寫真丸山 宏

15:00

「人々とロボットのモラル関係の將來像」

研究代表者
神田 崇行

×

ゲスト
久木田 水生

神田 崇行 寫真神田 崇行

×

久木田 水生 寫真久木田 水生

15:50

休憩

15:55

「創発インタラクション実現に向けて」

研究代表者
津田 一郎

×

ゲスト
國吉 康夫

津田 一郎 寫真津田 一郎

×

國吉 康夫 寫真國吉 康夫

16:45

「人間拡張がもたらす未來」

研究代表者
小池 英樹

×

ゲスト
南澤 孝太

小池 英樹 寫真小池 英樹

×

南澤 孝太 寫真南澤 孝太

17:35

「認知癥?発達障害の共通理解は可能なのか?」

研究代表者
中澤 篤志

×

ゲスト
長井 志江

中澤 篤志 寫真中澤 篤志

×

長井 志江 寫真長井 志江

講評

安浦 寛人

 文部科學省科學技術?學術審議會情報委員會主査
 國立情報學研究所特任教授(特任研究員)學術基盤チーフディレクター
 JST世界で活躍できる研究者育成支援事業のプログラムディレクター

閉會挨拶

18:25

研究総括 間瀬 健二 名古屋大學 大學院 情報學研究科 教授

プロフィール

  • 間瀬 健二 寫真

    間瀬 健二

    1981年名古屋大學大學院工學研究科修士課程修了。博士(工學)。NTT研究所、MITメディアラボ客員研究員、ATRメディア情報科學研究所研究室長等を経て2002年より名古屋大學教授。マルチモーダルインタラクション、ウェアラブルコンピュータ、IoT、ユビキタスコンピューティング、コミュニケーション支援、表情認識、體験共有、技の伝承、e-コーチング、醫療介護支援など、実社會に役に立つ人間支援の知的メディア技術の実現を目指す研究に従事。現在、電子情報通信學會ヒューマンコミュニケショングループ(HCG)委員長、第24期?第25期日本學術會議連攜會員、電子情報通信學會フェロー。人工知能學會1999年度論文賞、同2013年功労賞、2015年ACM ICMI Community Service Award、2019年東海総合通信局長賞など受賞。

  • 石黒 浩 寫真

    石黒 浩

    1963年滋賀県生まれ。大阪大學大學院基礎工學研究科システム創成専攻教授?ATR石黒浩特別研究所客員所長(ATRフェロー)。2017年から大阪大學栄譽教授。工學博士。社會で活動できる知的システムを持ったロボットの実現を目指し、これまでにヒューマノイドやアンドロイド、自身のコピーロボットであるジェミノイドなど多數のロボットを開発。2011年大阪文化賞(大阪府?大阪市)受賞。2015年文部科學大臣表彰受賞およびシェイク?ムハンマド?ビン?ラーシド?アール?マクトゥーム知識賞受賞。最先端のロボット研究者として世界的に注目されている。

  • 安浦 寛人 寫真

    安浦 寛人

    1978年京都大學工學研究科修士課程修了。京都大學工學部助手、同電子工學科助教授を経て、1991年より九州大學大學院総合理工學研究科情報システム學専攻教授。2008年より2020年まで九州大學理事?副學長。九州大學名譽教授。
    IEEE CAS Societyの副會長や、電子情報通信學會情報システムソサイアティ會長、電子情報通信學會副會長、大學ICT推進協議會會長等も歴任した。また、JSTさきがけ「社會と調和した情報基盤技術の構築」の領域代表を務めた。現在、財団法人福岡アジア都市研究所理事長、文部科學省科學技術?學術審議會情報委員會主査、國立情報學研究所特任教授(特任研究員)學術基盤チーフディレクター、理化學研究所科技ハブ産連本部特別顧問、JST世界で活躍できる研究者育成支援事業のプログラムディレクターなどを務めている。

  • 五十嵐 健夫

    東京大學 大學院 情報理工學系研究科 教授

    2000年東京大學大學院工學系研究科博士課程修了。 博士(工學)。 2002年東京大學大學院情報理工學研究科講師就任。 2005年同助教授。 2011年同教授。 ACM SIGGRAPH Significant New Researcher Award, ACM UIST Lasting Impact Award, ACM CHI Academy等受賞。 ユーザインタフェース、 特に、 インタラクティブコンピュータグラフィクスに関する研究に取り組んでいる。 ACM UIST 2013 program co-chair、 ACM UIST 2016 conference co-chair。 ACM SIGGRAPH ASIA 2018 Technical Papers Chair、 ACM CHI 2021 Technical program co-chair。

  • 丸山 宏

    花王株式會社 エグゼクティブフェロー
    東京大學 人工物工學研究センター 特任教授
    株式會社Preferred Networks PFNフェロー

    1983年 東京工業大學修士課程修了、同年日本アイ?ビー?エム入社、ジャパン?サイエンス?インスティテュート(後の東京基礎研究所)にて、人工知能、自然言語処理などの研究に従事
    1997-2000年 東京工業大學 情報理工學研究科 客員助教授 XML、Webサービス、及びセキュリティの研究?開発?標準化を行なう
    2003-2004年 IBMビジネスコンサルティングサービス株式會社へ出向
    2006-2009年 東京基礎研究所所長。執行役員
    2009-2010年 キヤノン株式會社 デジタルプラットフォーム開発本部 副本部長
    2011-2016年 大學共同利用機関法人 情報?システム研究機構 統計數理研究所 教授
    2016-2018年 株式會社Preferred Networks 最高戦略責任者
    2018年4月-現在 株式會社Preferred Networks PFN Fellow
    2020年8月-現在 東京大學大學院工學系研究科 人工物工學研究センター 特任教授(兼任)
    2020年11月-現在 花王株式會社 エグゼクティブフェロー(兼任)

  • 神田 崇行

    京都大學 大學院 情報學研究科 教授
    株式會社國際電気通信基礎技術研究所 客員室長

    1998年京都大學工學部情報工學科卒業、2000年京都大學情報學研究科社會情報學専攻修士課程修了、2003年同大學院博士課程修了。博士(情報學)。2003年よりATR知能ロボティクス研究所研究員、上級研究員をへて、研究室長。2018年京都大學情報學研究科社會情報學専攻教授。専門分野は、ヒューマンロボットインタラクション、知能ロボティクス、ソーシャルロボティクス、センサネットワーク。自動運転車や無人店舗など、高度な人工知能を備えた情報システムの利用がリアル空間へと広がり続けているという「ロボット社會」化に向けて、センサ情報をもとに実空間においてリアルタイムに行動する実體を持ったエージェントを広く「ロボット」としてとらえ、人々と共存?協調して活動する「人らしいロボット」などの様々なロボットの実現を目指した研究を進めている。

  • 久木田 水生

    名古屋大學 大學院 情報學研究科 準教授

    2005年、京都大學大學院文學研究科で博士號(文學)を取得。2017年より名古屋大學大學院情報學研究科準教授。専門は情報の哲學、技術哲學、人文情報學など。著書に「ロボットからの倫理學入門」(共著、名古屋大學出版會、2017年)、「人工知能と人間?社會」(共編著、勁草書房、2020年)、「學問の在り方――真理探究、學會、評価をめぐる省察」(共著、ユニオン?エー、2021年)など、翻訳書にアンディー?クラーク「生まれながらのサイボーグ」(共訳、春秋社、2015年)、ウェンデル?ウォラック&コリン?アレン「ロボットに倫理を教える」(共訳、名古屋大學出版會、2019年)、マーク?クーケルバーク「AIの倫理學」(共訳、丸善出版、2020年)などがある。

  • 津田 一郎 津田チーム登壇者についてはこちら

    中部大學 創発學術院 教授

    岡山県生まれ。1977年大阪大學理學部卒業、1982年京都大學大學院博士課程修了(物理學第一専攻)、理學博士(京都大學)。九州工業大學助教授(情報工學)、北海道大學教授(數學)などを経て、現在、中部大學創発學術院教授?副院長、AI數理データサイエンスセンター長。北海道大學名譽教授。
    複雑系科學研究の先駆者のひとり。カオス學を確立。カオス力學系をベースに脳神経系の様々なダイナミクスの情報構造の解明に従事している。CREST「共生インタラクション」ではチームPIとして、進化型AIの導入、脳ダイナミクスの數學的モデル構築によって創発インタラクション原理を解明してきた。文部科學省科學研究費補助金新學術領域研究「ヘテロ複雑システムによるコミュニケーション理解のための神経機構の解明」領域代表(2009年-2013年)。神経回路網の卓越した研究によって、2020年度日本神経回路學會學術賞、2010年度HFSP Program Awardなどを受賞。また、カオス力學系による脳機能の理解に関する貢獻により、応用數學の4年に一度の國際會議ICIAMにおいて総合講演に選出されるなどしている。「脳の中に數學を見る」(2016年、共立出版)、「心はすべて數學である」(2015年、文蕓春秋社)など著書多數。

  • 國吉 康夫

    東京大學 大學院情報理工學系研究科 教授

    1991年東京大學大學院修了、工學博士、同年電子技術総合研究所研究員、1996年~1997年MIT人工知能研究所客員研究員、2001年東京大學助教授、2005年同教授。2012年~理研BSI-トヨタ連攜センター長兼務、2012年~2017年新學術領域研究「構成論的発達科學」領域代表、2016年~東京大學次世代知能科學研究センター長兼務。日本ロボット學會論文賞、佐藤記念知能ロボット研究奨勵賞、IJCAI(國際人工知能學會)最優秀論文賞、ゴールドメダル「東京テクノ?フォーラム21賞」、大川出版賞等受賞。日本學術會議連攜會員、日本ロボット學會フェロー、日本発達神経科學會理事長。

  • 小池 英樹

    東京工業大學 情報理工學院 教授

    1986年東京大學工學部卒業、1991年東京大學大學院工學系研究科情報工學専攻修了。工學博士。1991年 電気通信大學助手、助教授、教授を経て、2014年より現職。この間、UC Berkeley客員研究員(1994-1996)、Sydney大學客員研究員(2003)、內閣事務官(情報セキュリティ)(2003-2006)などを併任。Human-Computer Interaction(HCI)の研究に従事。特に、情報視覚化、Vision-based HCI、Projector-Camera System、 Digital Sports、 Usable Securityなどに興味を持つ。
    1991年日本ソフトウェア科學會高橋奨勵賞、1998年 IEEE VR Honorable Mention、 2002年 日本バーチャルリアリティ學會論文賞、 2013-2015年 Laval Virtual Award、 2013、2014、2017年 経済産業省Innovative Technologies、 2013年 テレビ東京 トレたま年間大賞、2018 ACM ISS Best Paper Honorable Mention、 2018 ACM VRST Honorable Mention (poster&demos)、 2021 IEEE Trans。 on Haptics Best Application Paperなど多數受賞。

  • 南澤 孝太

    慶應義塾大學 大學院 メディアデザイン研究科(KMD) 教授

    2005年東京大學工學部計數工學科卒業、2010年同大學院情報理工學系研究科博士課程修了、博士(情報理工學)。KMD Embodied Media Project を主宰し、身體的経験を伝送?拡張?創造する身體性メディアやサイバネティック?アバターの研究開発と社會実裝、Haptic Design Project を通じた觸感デザインの普及展開、新たなスポーツを創り出す超人スポーツ/スポーツ共創の活動を推進。JSTムーンショット型研究開発事業プロジェクトマネージャー、超人スポーツ協會事務局長、IEEE Technical Committee on Haptics Vice Chair in Conference、Telexistence Inc.技術顧問等を兼務。

  • 中澤 篤志

    京都大學 大學院 情報學研究科 知能情報學専攻 準教授

    2001年大阪大學基礎工學研究科博士取得退學。その後、2001年東京大學生産技術研究所(JST研究員)、2003年~2013年大阪大學サイバーメディアセンター講師。その間、2007年ジョージア工科大學客員研究員、2010年JSTさきがけ「情報環境と人」研究員。
    2013年から京都大學大學院情報學研究科準教授(現職)。視線検出?角膜イメージング?一人稱視點映像解析の研究に従事。2017年10月よりJST CREST人間と情報環境の共生インタラクション基盤技術の創出と展開領域(間瀬健二総括)「優しい介護」インタラクションの計算的?脳科學的解明研究代表。日本ユマニチュード學會理事。畫像計測に基づく人の內部狀態の推定、人のインタラクションの解析に興味を持ち、優しい介護技術のコミュニケーション解析やその技術伝播の手法に取り組んでいる。

  • 長井 志江

    東京大學 國際高等研究所 特任教授

    2004年大阪大學より博士(工學)取得。ビーレフェルト大學ポスドク研究員、大阪大學特任準教授、情報通信研究機構主任研究員などを経て、2019年より東京大學ニューロインテリジェンス國際研究機構特任教授。構成的アプローチから人間の社會的認知機能の発達原理を探る、認知発達ロボティクス研究に従事。自他認知や模倣、他者の意図?情動推定、利他的行動などの認知機能が、環境との相互作用を通した感覚?運動信號の予測學習に基づき発達するという仮説を提唱し、計算論的神経回路モデルの設計とそれを実裝したロボットの実験によって評価。さらに、自閉スペクトラム癥(ASD)などの発達障害者のための自己理解支援システムを開発。ASD視覚體験シミュレータは発達障害者の未知の世界を解明するものとして高い注目を集める。2016年12月よりJST CREST「認知ミラーリング」、2021年7月より基盤研究(S)「脳の一般原理に基づく認知機能の多様性発生機序の理解と発達障害者支援」の研究代表者。

津田チーム登壇者プロフィール

  • 淺田 稔 寫真

    淺田 稔

    大阪國際工科専門職大學 副學長
    大阪大學 先導的學際研究機構 特任教授

    1977年阪大基礎工卒、1982同大基礎工學研究科博士課程修了(工學博士)、1995年同大工學部教授、1997年同大工學研究科知能機能創成工學教授、2019年より同大先導的學祭機構共生知能システム研究センター特任教授(継続中)、2021年4月より現職。
    國際會議での最優秀論文賞(IROS1992)、2001年文部科學大臣賞、2018年第5回立石賞特別賞などを受賞。認知発達ロボティクスの第一人者で、JST ERATO 淺田共創知能システムプロジェクト総括(2005-2011)、科學研究費補助金特別推進研究「神経ダイナミクスから社會的相互作用に至る過程の理解と構築による構成的発達科學」代表(2012-2017)を通じ、身體性を通じた環境との相互作用による人間の認知発達過程の理解を計算機シミュレーションや実ロボットの実験を通じて、明らかにするとともに、次世代知能ロボットの設計原理構築を目指してきた。近著に「淺田稔のAI研究道」(2020、近代科學社)がある。

  • 池田 尊司 寫真

    池田 尊司

    金沢大學 子どものこころの発達研究センター 助教

    専門分野は、認知神経科學?脳機能イメージング。2008年京都大學大學院文學研究科博士後期課程修了、博士(文學)。2008日本學術振興會特別研究員、2009年大阪大學大型教育研究プロジェクト支援室特任助教、2010年大阪大學大學院人間科學研究科特任助教、2013年大阪大學大學院工學研究科/醫學系研究科特任助教、2016年金沢大學子どものこころの発達研究センター特任助教などを経て、現職。
    脳磁計を用いて自閉スペクトラム癥児の視知覚や親子間相互作用の解明に取り組んでいる。

  • 松田 一希 寫真

    松田 一希

    中部大學 創発學術院 準教授

    1978年生まれ。北海道大學大學院地球環境科學研究科博士課程修了、博士(地球環境科學)。日本學術振興會特別研究員、京都大學霊長類研究所特定助教などを経て、現職。
    2011年日本霊長類學會高島賞、2016年日本生態學會宮地賞を受賞。著書「テングザルー河と生きるサル(東海大出版)」、「Primates in Flooded Habitats: Ecology and Conservation(ケンブリッジ出版)」など。
    コロンビア、マレーシア、ウガンダの熱帯林で、さまざまな野生霊長類の生態を探る研究をしている。CRESTでは「個體間/集団間」グループを擔當し、野生と飼育霊長類を対象に、個體間?集団間で生ずる社會の階層構造や新奇運動の創発現象の実証研究から、集合知の発生條件の解明に挑んでいる。

  • 亀田 達也 寫真

    亀田 達也

    東京大學 大學院 人文社會系研究科 教授

    1984年東京大學大學院社會學研究科修士課程(社會學修士)、1989年イリノイ大學大學院心理學研究科博士課程修了(Ph.D.)。北海道大學大學院文學研究科教授、同Global COE「心の社會性に関する教育研究拠點」リーダー、社會科學実験研究センター長を経て、2014年から東京大學大學院人文社會系研究科教授。
    さまざまな不確実性を人々が社會的にどのように解き、集団のメリット(“規模の経済”)を実現し得るのかという問題意識から、①社會規範や正義の概念の成立とその行動?認知?神経基盤の検討、②集団意思決定や協同を支える認知?行動アルゴリズムの解明、③他者と関わる心(“共感性”)のしくみの理解、などに関心をもつ。最近の主な著書に「モラルの起源—実験社會科學からの問い」(巖波新書、2017)、「連帯のための実験社會科學—共感?分配?秩序」(巖波書店、近刊)など。

申し込み

下記ホームページの申し込みフォームよりお申込みください。

事前登録

登録締切8月25日(水) 13:00

関連ウェブサイト

※本CREST研究領域は、文部科學省の人工知能/ビッグデータ/IoT/サイバーセキュリティ統合プロジェクト(AIPプロジェクト)の実施機関であるAIPネットワークラボの構成領域です

成在人线AV无码免费高潮水