大阪大學,科學技術振興機構(JST)

令和3年4月1日

大阪大學
科學技術振興機構(JST)

濡れても割れても電子回路を守る機能性コーティング

~木材由來のナノ繊維が短絡(ショート)を防ぐ~

ポイント

大阪大學 産業科學研究所の春日 貴章 博士後期課程學生(日本學術振興會 特別研究員DC1)、能木 雅也 教授らの研究グループは、木材由來のナノ繊維を電子回路にコーティングするだけで、水濡れ故障を長時間抑制可能であることを発見しました。

電子デバイスにとって水が天敵であることはよく知られており、これまで防水コーティングやパッキングなどさまざまな封止技術が開発されてきました。しかし、どんな封止も一度損傷してしまえば水の侵入を防ぐことはできず、故障は免れません。今回、本研究グループは電子回路上に木材由來のナノ繊維をコーティングすることで、回路の短絡および発熱?発火といった事故を防止できることを発見しました。さらにその短絡抑制効果はコーティングが損傷した狀態からでも発揮され、24時間以上継続します。本成果は、吸水によるナノ繊維の再分散、電気泳動、ゲル化という3ステップをうまく組み合わせることで実現しています。本成果により、近年開発?普及が進んでいるウェアラブル?ヘルスケアデバイスなどのさらなる安全性向上が期待できます。

本研究成果は、2021年4月1日(日本時間)に米國科學誌「ACS Applied Nanomaterials」にオンライン掲載されます。

本研究は、科學技術振興機構(JST) 未來社會創造事業(JPMJMI17ED)、科研費?特別研究員奨勵費(19J202410)の一環として行われ、大阪大學 大學院工學研究科 桑畑 進 教授の協力を得て行われました。

<プレスリリース資料>

<論文タイトル>

“Cellulose Nanofiber Coatings on Cu Electrodes for Cohesive Protection against Water-Induced Short-Circuit Failures”
DOI:10.1021/acsanm.1c00267

<お問い合わせ先>

(英文)“Cohesive circuit protection for wearable electronics”

前に戻る

成在人线AV无码免费高潮水