東北大學 金屬材料研究所,科學技術振興機構(JST)

令和3年5月10日

東北大學 金屬材料研究所
科學技術振興機構(JST)

音波による磁石の向きの制御に世界で初めて成功

~攜帯電話などに用いる弾性波デバイスの高度化に期待~

ポイント

音波は、空気や物質の振動が波として伝わる現象です。音波が物質の表面を伝わる場合は「表面弾性波」と呼ばれており、その振動方向が回転しながら伝わっていく性質を持っています。このような回転は、物理學的には、磁石の元となる電子の自転(スピン)と同様に「角運動量」と呼ばれる回転量で表されることが知られています。

東京大學 大學院総合文化研究科 大學院生および東北大學 特別研究生(現 理化學研究所 研究員)の佐々木 遼と東北大學 金屬材料研究所の新居 陽一(JST さきがけ 研究員 兼務)、小野瀬 佳文は、表面弾性波から電子のスピンへの角運動量の移動を利用することにより、音波による磁石の向きの制御に世界で初めて成功しました。表面弾性波を用いたデバイスは、高精度なバンドパスフィルターとして攜帯電話などに內蔵されており、記録素子として広く使われる磁性との融合によりデバイスの高度化が期待できます。

本研究の詳細は2021年5月10日(英國時間)に「Nature Communications」に掲載されます。

本研究は、JSPS 科研費(課題番號:16H04008、17H05176、18K13494、20K03828)、JST さきがけ(課題番號:JPMJPR19L6)、日本學術振興會 特別研究員奨勵費(課題番號:18J12130)、三菱財団、野口遵研究助成の支援を受けました。

<プレスリリース資料>

<論文タイトル>

“Magnetization control by angular momentum transfer from surface acoustic wave to ferromagnetic spin moments”
DOI:10.1038/s41467-021-22728-6

<お問い合わせ先>

(英文)“Magnetization control by angular momentum transfer from surface acoustic wave to ferromagnetic spin moments”

前に戻る

成在人线AV无码免费高潮水