熊本大學,東京大學,高輝度光科學研究センター,科學技術振興機構(JST)

令和3年7月9日

熊本大學
東京大學
高輝度光科學研究センター
科學技術振興機構(JST)

世界初 XMCDのベイズ分光で、隠れた元スペクトルを再現

~磁石材料の新しいスペクトル解析法の開発~

ポイント

熊本大學 大學院自然科學教育部の山﨑 大雅 (博士前期課程2年)、同 産業ナノマテリアル研究所の赤井 一郎 教授、東京大學 大學院新領域創成科學研究科の岡田 真人 教授らの研究グループは、磁石材料のニッケルフェライトを想定した人工XMCDスペクトル解析にベイズ分光法を適用しました。その結果、左右円偏光X線で計測されるX線吸収(XA:X-ray Absorption)スペクトルの差分であるXMCDスペクトルだけから、元のXAスペクトルを再現することに成功しました。さらに、そのスペクトル解析で得た各スペクトル成分のスペクトル強度の事後確率分布から、磁気モーメントとその誤差の推定に成功しました。今後本手法は、新規材料の磁気特性の解明に応用され、磁石材料研究に貢獻することが期待されます。

本研究成果は「Science and Technology of Advanced Materials:Methods」に2021年7月7日に掲載されました。

本研究は、科學技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業 CREST研究領域「計測技術と高度情報処理の融合によるインテリジェント計測?解析手法の開発と応用」(研究総括:雨宮 慶幸 (高輝度光科學研究センター 理事長))の研究課題「データ駆動科學による高次元X線吸収計測の革新」(研究代表者:赤井 一郎 (熊本大學産業 ナノマテリアル研究所 教授))と同領域の研究課題「ベイズ推論とスパースモデリングによる計測と情報の融合」(研究代表者:岡田 真人(東京大學 大學院新領域創成科學研究科 教授)の支援を受けて行いました。

<プレスリリース資料>

<論文タイトル>

“Bayesian spectroscopy of synthesized soft X-ray absorption spectra showing magnetic circular dichroism at Ni-L3,-L2 edges”
DOI:10.1080/27660400.2021.1932108

<お問い合わせ先>

(英文)“Bayesian spectroscopy of synthesized soft X-ray absorption spectra showing magnetic circular dichroism at Ni-L3,-L2 edges”

前に戻る

成在人线AV无码免费高潮水