東北大學 金屬材料研究所,東北大學 學際科學フロンティア研究所,科學技術振興機構(JST)

令和3年7月26日

東北大學 金屬材料研究所
東北大學 學際科學フロンティア研究所
科學技術振興機構(JST)

液體硫黃を活用した高速充放電可能な
マグネシウム電池用正極複合材料の開発に成功

ポイント

次世代蓄電池であるマグネシウム蓄電池の正極材料候補として酸化物系材料が検討されていますが、より高容量を実現できる硫黃系正極材料の研究が近年盛んに行われています。

東北大學 金屬材料研究所の下川 航平 助教(本務:學際科學フロンティア研究所)、古橋 卓彌 氏(東北大學 大學院工學研究科 修士課程學生)、および市坪 哲 教授らの研究グループは、同研究所の加藤 秀実 教授ら、産業技術総合研究所の松本 一 上級主任研究員と共同で、電気化學反応を利用したトップダウン的手法により、マグネシウム蓄電池正極に適した高性能な硫黃/硫化物複合材料の作製に成功しました。この硫黃系複合材料は、マグネシウム蓄電池用正極材料として蓄電容量、充放電速度、サイクル特性などの點において高い性能を有することが示されました。また、充電直後の硫黃の非平衡狀態(高いエネルギー狀態)を利用することにより、熱力學的に想定される電位よりも高電位で放電できることも示されました。これは硫黃の新しい利用法を示すものであり、今後の硫黃系正極材料の開発に拍車をかける結果であると期待されます。

本成果は、2021年7月26日(英國時間)に英國王立化學會の學術誌「Journal of Materials Chemistry A」にオンライン掲載されます。

本研究は、科學技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業 先端的低炭素化技術開発?特別重點技術領域「次世代蓄電池」(ALCA-SPRING)(JPMJAL1301)の支援を受けて実施されました。

<プレスリリース資料>

<論文タイトル>

“Electrochemically Synthesized Liquid-Sulfur/Sulfide Composite Materials for High-Rate Magnesium Battery Cathodes”
DOI:10.1039/D1TA03464B

<お問い合わせ先>

(英文)“Electrochemically Synthesized Liquid-Sulfur/Sulfide Composite Materials for High-Rate Magnesium Battery Cathodes”

前に戻る

成在人线AV无码免费高潮水