東北大學,科學技術振興機構(JST),岡山理科大學

令和3年8月19日

東北大學
科學技術振興機構(JST)
岡山理科大學

有機電子型強誘電體のナノ分極を瞬時に増強

~ペタヘルツ応答への可能性を開拓~

ポイント

高速通信の需要が高まる中、現在のギガ(10億)ヘルツ駆動エレクトロニクスをはるかに超えるペタ(1000兆)ヘルツの電子操作技術の開拓が期待されています。そのような超高周波の電子応答を可能にする量子物質(電子の量子多體効果によって電気伝導性や磁気的性質が決まる物質)の研究が世界中で進む中、電子型強誘電體は、誘電體メモリーの材料として注目されています。東北大學 大學院理學研究科の巖井 伸一郎 教授、伊藤 弘毅 助教らのグループは、有機電子型強誘電體において、物質中のナノ分極がフェムト秒光パルスによって増強する現象を発見しました。この現象は、原理的には、ペタヘルツ応答にも追隨でき、今後、アト秒スケール(5G周波數より10萬倍以上も高速)の電子操作に応用することも期待できます。

この成果は米國科學雑誌「Physical Review Research(Letter)」に2021年8月13日にオンライン掲載されました。

本研究は、科學技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業 CREST「キャリアエンベロープ位相制御による対稱性の破れと光機能発現」(研究代表者 巖井 伸一郎 JPMJCR1901)、および文部科學省 光?量子飛躍フラッグシッププログラム(Q-LEAP) 基礎基盤研究 「強相関量子物質におけるアト秒光機能の開拓」(研究代表者 巖井 伸一郎 JPMXS0118067426)、および文部科學省 科學研究費補助金?新學術領域「量子液晶の物性科學」 公募研究「強相関π電子がつくる電荷秩序?強誘電ドメインの形成機構解明と光機能探索」(研究代表者 伊藤 弘毅 20H05147)の助成を受けて行われました。

<プレスリリース資料>

<論文タイトル>

“Charge correlations and their photoinduced dynamics in charge-ordered organic ferroelectrics
DOI:10.1103/PhysRevResearch.3.L032043

<お問い合わせ先>

前に戻る

成在人线AV无码免费高潮水